トップページ > 第1段階・第2段階治療について

第1段階・第2段階治療について

早期治療(第一段階の治療)について

早期治療(第一段階の治療)とは

早期治療(第一段階の治療)とは

早期治療(第一段階の治療)は、乳歯列期および混合歯列期の治療でその目的は、顎の成長・発育を妨げている原因を早期に取り除くことにより、正常な発育に導いてあげること、例えばこどもの頃の悪習慣によって異常な方向に変形してしまった形態を正常な方向に導くことです。そして、本格治療(第二段階治療)を容易な治療へと誘導するためのものです。

本格治療(第二段階の治療)とは

本格治療(第二段階の治療)とは

本格治療(第二段階の治療)は、基本的に永久歯列の完成した10歳以上のこどもから大人までを対象にした治療です(※)。ただし、顎の成長がまだ完了していないこどもに行う場合は、成長を考慮しながら治療を進めます。

※男女で若干の差があります。

本格治療では、マルチブラケット装置を用いて行います。マルチブラケット装置はもっともポピュラーではありますが、治療効果が最も髙く、現在ではマルチブラケット装置に取って代わるものはありません。

最近マウスピース型装置で、取り外し可能な装置もありますが、適応症に限りがあり、患者様の強い意志(忍耐強さ)も必要でしょう。固定を強くする目的で、ヘッドギアやホールデングアーチ、パラタルバーそしてインプラントアンカーを併用する場合もあります。また、クワッドヘリックス(歯列の側方拡大)を併用する場合もあります。

こどもの本格治療の良い時期とは

  • 上顎前突(出っ歯)の場合は、第二次成長期の年間の身長の伸びが大きい時期。
  • 下顎前突(受け口)の場合は、身長の伸びが終わりに近い時期

叢生の場合は、治療終了時までに、上下左右の第二大臼歯が完全に萌出していることなどです。

上記のように本格治療を開始するのがベストですが、、成長の時期や永久歯の萌出時期に個人差があり、他の要因(受験や本人の治療希望時期)もあり、早めに矯正医に相談されるのが良いと思います。

  • 初診料・相談無料
  • メンテナンス
  • オンライン診療予約
  • 日本臨床矯正歯科医会
  • このページのTOPへ戻る